金春堂 分店

アクセスカウンタ

zoom RSS 全てが「無料」のスーパー開店〜オーストラリア〜

<<   作成日時 : 2017/07/08 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

世界初だそうです。

以下リンク切れ対策のための転載です。元ネタはコチラ
 オーストラリアのシドニーに「すべて無料」のスーパーがオープンした。賞味期限切れ前でも処分されてしまうような食品を大手スーパーなどから譲り受けて提供する。まだ食べられるのに廃棄される「食品ロス」問題に対する意識を高めてもらい、生活に困っている人々の支援も狙う。

 無料のスーパーは、シドニー南部の「オズハーベストマーケット」。約200平方メートルの店内に果物や野菜、パンやコーンフレーク、ビスケットなどが並ぶ。値札はなく、レジもない。客は買い物かご一つまで品物を手にできる。

 開店時間は平日の午前10時から午後2時まで。毎日150人ほどが来店し、約2千点の品物の大半はなくなる。小売業者などから譲り受けた食品を売るスーパーはデンマークにもあるが、「無料」なのは「世界初」という。

 運営するのは、2004年以来、国内各地で支援が必要な人に計6500万食を提供してきた市民団体「オズハーベスト」。スーパーの客には代わりに寄付をお願いしており、開店から5週間で2万豪ドル(約170万円)が集まった。

 寄付は団体の食事提供事業の費用にあてられる。客のジェニー・モーガンさん(42)は野菜やビスケットを手に「十分食べられる。困った人たちの手助けもしたい」と話した。
(朝日新聞)
〜転載終了〜

画像


こういう話が出てくると兎角食品業界とか飲食業界が悪く言われがちですけど、「それを望んでいる人がいるからそうなった」ということも忘れないでいただきたい。
実際、小売・飲食・サービス業の業界内では「過剰サービスなのでは?」という話が出てきているようです。
でも、だからといってサービスを縮小したら苦情が殺到するんだよね。一度始めたサービスはそう簡単に引っ込められないのです。

画像

無料ということですけど、こんな風にレジにドンと募金箱を置かれて、そのままスルー出来る人ってどのくらいいるでしょうかね?
写真だけではわかりませんが、募金を強要しているようなら「無料」とは言えまい。
素朴な疑問なんですけど、ここで集めた食料品を直接困っている人たちに配ってはダメなんでしょうかね?
きっと「販売」ではなく「寄付」であることに意味があるんでしょう。

いわゆる「食品ロス」となる食品を集めて貧困層に提供するという事業はすでに行われており、日本でも一部地域で始まっているようです。
この件の場合、それでも余るからスーパーで提供するという事なのか、それとも何か裏があるのか。
例えば「販売」ですと営利目的になっちゃいますけど、「寄付」ならボランティアということで補助金が出るとかね。
まぁ「販売」という形態を取らなければ、商品に対する責任も無いという事なんでしょうけど。

昨今、特に日本の『NPO団体』など、あまりに胡散臭い連中が多いものですから、どうしても斜に構えて見てしまうんですよねぇ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
全てが「無料」のスーパー開店〜オーストラリア〜 金春堂 分店/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる